2005年11月21日

シュツットガルト・バレエ団”オネーギン”−日本では無名だが実はトップクラスー5

oneginシュツットガルト・バレエ団を見るのは今回が初めて大好きなキリアンが所属していたので名前は知っていたが、ここまでレベルが高いバレエ団だとは想像していなかったパリ・オペラ座バレエ団エトワールのルグリが若いころクランコの”オネーギン”を見て以来ぜひとも踊りたいと思い続けていて、今回念願かなって客演するという話を聞き、”ロミジュリ”ではなく”オネーギン”を躊躇なく選んだ”ロミジュリ”は見なかったが、正しい判断だったと思っている

ルグリも四十路を越え、跳躍力などは往年と比べようがないが、その動きは優雅で無駄がなく、貫禄を感じさせた第1幕第二場の、タチヤーナの幻想の中で鏡の中から思いの人オネーギンが現れ、夢見た恋人オネーギンとタチヤーナが踊るシーンは、言葉に表せないほど素晴らしかった一途な乙女の恋心とそれに応える白馬の王子との美しすぎる、この世のものとは思えない情景を見事に表していたルグリの相手役のマリア・アイシュヴァルトは想像以上に素晴らしかったオネーギンに心をずたずたにされて嘆き悲しむシーンの切なさは客席に十分すぎるほど伝わってきた

第3幕第2場のタチヤーナの私室でのオネーギンとタチヤーナのパ・ド・ドゥはなんといってもオネーギンのハイライトだろうオネーギンの熱烈な求愛の思いと、その思いにゆれるタチアーナの心情をルグリとアイシュバルトはほぼ完璧に表現していた。心が揺さぶられ、感動した。表現力、技術力ともに文句のつけようがなかった

コール・ドもほぼ完璧で、この辺に日本のバレエ団との層の厚さがいやがおうでも感じさせられる日本のバレエ団でもソリストは世界でも通じる人材がいるのだが、コール・ドで踊る人材のレベルの低さは隠しようがない手の上げる角度どころが、まずそろってないわけだからやはり国立のバレエ団を創り、付属のバレエ学校を創立しないとこの問題は解決できないのだろうか

ともかくも再び至福の時でした


 


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by WRGeorge   2008年12月08日 14:58
1 淘謌 辣 驟褓纈 邃 鉐鱶鱚 騾蜥?
2. Posted by Chieliket   2008年12月27日 07:27
1 淘謌 辣 驟褓纈 邃 鉐鱶鱚 騾蜥?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔