2005年08月08日

郵政民営化法案ー否決当然、総選挙もしょうがないか?−

郵政民営化法案が参議院で否決された。ここ数日の動きを見ていると、予想通りの結果といえるだろう。なぜ否決されたのかについては、いくつか理由があると思う。
 
第一の理由は郵政民営化が国民にとってプラスかマイナスかがきちんと理解されていないことではないか?過疎地の郵便局は当然赤字であっても、残すべきだと思う。反対に、我々の血税が郵便貯金から道路公団などに還流する流れは、断つべきだろう。この法案のメリットとデメリットの双方が十分に説明されていないことで、議員さん自身が理解されていなかったり、十分審議をつくしていない法案をとおすことへの抵抗感があったのではないだろうか?
 
第二の理由は、執行部のコミュニケーションのとり方が下手すぎたことだろう。衆議院採決前の執行部による恫喝で、多くの議員の反感を買ってしまったことが、今回の採決の結果に大きく影響しているのではないか?
 
第三の理由は、第二の理由にも関連するのだろうが、勝ち馬にのるといった心理が働いたのではないか?マスコミによる数々の報道で、法案否決が優勢という状況は、議員であれば当然把握していただろう。また、法案否決イコール衆議院解散という首相のやり方に、ついに森前首相までがさじを投げたという報道が飛び出しては、”首相についていっても大丈夫か”という心境になってもいたしかたなかろう?
 
私自身、郵政民営化がプラスなのか、マイナスなのか理解しておらず、この法案自体について語るつもりはない。しかし、一つだけいえるのは、もっとうまいやり方があったのではないか?ということだ。
 
まず、法案についてプラスとマイナスをきちんと説明し、国民一人一人に理解していただくことが大切だったのではないか?次に、反対派の議員の意見ももっと聞き、少なくとも過疎地の郵便局については赤字でも維持するなどの特例を設け、融和を図ると共に、過疎地の方々の不安を取り除くべきだったのではなかろうか?そして、態度を決めかねている議員を味方につける際にも、上から下への恫喝ではなく、下から上への態度で協力を仰ぐべきだったのではなかろうか
 
ともかくも法案は否決されたわけだが、解散総選挙については、残念ながら、やむをえないのではないだろうか?NHKのインタビューでいくつかの政党の幹事長や幹事長代理が、否決が国民の意思の表れだと語っていたが、果たしてそうだろうか?今回の参議院での否決イコール国民の意思とは全く思えない。この時期の解散は政治空白を生むなどの理由で問題だという意見も一理あるが、もうこうなっては郵政民営化の賛否を国民投票に問うしか道はないのではないか
 
国民が郵政民営化に反対なのか、賛成なのか、もうすぐ答えがでるだろう。少なくとも私は、投票の前に出来る限りこの法案についての情報を収集し、理解に努めるつもりだ。

cornell5553 at 20:55│Comments(0)TrackBack(2)社会評論 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 郵政民営化法案 参院否決  [ 応援者ハムファイター ]   2005年08月08日 21:29
本日8/8(月)の参院本会議で郵政民営化法案が賛成108票、反対125票で反対票が18票上回り否決されました。 これで小泉首相が言い続けてきた様に「衆院解散総選...
2. 地方経済の脱皮 - 郵政民営化とインターネット  [ ゲラ・チャンポン | 広告ビジネスブログ ]   2005年08月23日 20:22
郵政民営化法案の参議院での否決を受けて、 小泉内閣が衆議院解散、9/11投票で総選挙を行うことになりました。 その重要性はともかく、争点になっている郵政について、 改めてその歴史から紐解いてみましょう。 明治4(1871)年、政府官僚だった前島密が東京?...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔