2005年05月17日

ライブドアがグーグルを導入して1ヶ月ー伸びは想定内ー

LD4月14日、ライブドアがグーグルを検索エンジンとして導入した。それから1ヶ月たったわけだが、検索数の伸びは?倍で想定内である。グーグル以前は、ライブドアは弊社のディレクトリー検索を採用していたわけであり、私が言うのも変な話だが、グーグルの採用で検索の質と量は格段に向上したわけだ。それなら検索数は大幅に増えそうだと思われるかもしれないが、そんな単純なものではない。何故なら1.グーグルはインフォーシーク、goo、エキサイト、ビッグローブなど他の大手ポータルも採用している、2.ユーザーはそれぞれ検索するポータルサイトを決めているからである。今回のグーグル採用でライブドア検索を使い始めた人は、ライブドアファンで、ライブドアで検索をしたかったが検索エンジンの質が低いため、仕方なく他のポータルを使っていた人だけだろう。その結果、検索数は?倍にしか増えなかったわけである。想定内であるグーグルのキーワード広告が弊社の上に表示されることとなり、その減少分を検索数の伸びが相殺できず、お客様と代理店様にはご迷惑をおかけしている。申し訳ございません。しかし、すぐに挽回します

私が検索業界に入った2002年5月、つまりオーバーチュア、グーグルが上陸する以前の時期、ポータルで黒字化しているのは恐らくヤフーのみだった。現在、私の知っている範囲でも数社が黒字化しているが、その数社の共通点は検索数が多いということだキーワード広告の売り上げとポータルの検索数は比例する。つまり、検索数の多いポータルはキーワード広告で莫大な利益が入り、黒字化していることとなる

ポータルはキーワード広告が本格化するまでは、赤字ビジネスだった。当然である。ポータルは百貨店、デパートである。あらゆるコンテンツを集めねばならない。ヤフオクなどのマンモスコンテンツは例外として、ニュース、ECなどで利益を上げるのは難しい。ニュースはソースを買わなくてはならないからだ。ECも損益分岐点が高いので、売り上げが相当上がるまでは赤字を覚悟しなくてはならない。ポータル運営は金がかかるのである。その状況を救ったのがキーワード広告だった

ライブドアも今回グーグルが導入され、検索数を増加させる下地は整った。後はいかに増加させるかだが、その方法は分かっているライブドアの伊地知メディア事業部長と話し合い、既に検索数増加へ動き出した検索数を飛躍的に伸ばし、キーワード広告で大きな利益を得られれば、その利益を、利益率は低いがポータルの集客に必要なコンテンツにまわすことができるそうなれば、利益獲得はこちらに任せてもらい、他のコンテンツは利益よりもお客様の満足度向上により注力できるその結果PVもあがり、検索数も増え、利益も増えるという好循環につながってくる

お客様、代理店様、消化が少し落ちてしまい、ご迷惑をおかけしていますが、ご安心ください。来月には増加に転じますので


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 6月6日モバイルマーケティングカンファレンス2005開催、楽天の三木谷社長など参加。  [ 【速報】インターネットビジネス関連の最新情報 ]   2005年05月18日 09:19
モバイルマーケティングカンファレンス2005開催 ドコモの夏野氏や楽天の三木谷社長が登場。モバイルがもたらす生活の変化を展望するイベント。6月6日、東京全日空ホテルで「モバイル マーケティング カンファレンス 2005」が開催される。 →詳しくはこちらから (参加

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔