2005年09月

2005年09月22日

Be Cool(ビー・クール)−トラボルタはかっこよすぎー4

be cool最初に断っておくと、このユマ・サーマンとジョン・トラボルタのダンス・シーンを見ると思い出されるのは”パルプ・フィクション”だが、この映画はタランティーノ作品ではないしかし、二人に加えハーベイ・カイテルも出演しているし、ギャングスターが暴れまわるし、恋もありで雰囲気は似てるかも原作のエレモア・レナードはタランティーノの”ジャッキー・ブラウン”やこの”ビー・クール”の前作である”ゲット・ショーティ”の作者でもあるので、この4作品の雰囲気が似ていても当然かも一番大きな違いとしては、同じギャングが主人公でもタランティーの作品のような残酷描写は少なく、女性にもおすすめという点か?

前作である”ゲット・ショーティ”を見た人ならもちろん、見ていない人でも楽しめる娯楽作品一番の魅力はトラボルタ演じる主人公が少しもあわてず、騒がず(クールに)難問をすべて解決していくところ。とにかく、トラボルタ演じるチリ・パーマーが本当にかっこよ(クール)すぎる度量は大きく、腕っ節は強く、しかもジェントルマン、こういう映画を見ると女の子の男に対する要求が高くなるから困っちゃうよね

ユマ・サーマンも相変わらず魅力的だし、米国では人気のプロレスラー、強く、二枚目の象徴のようなザ・ロックが、反対のイメージのゲイの、三枚目の役を演じているのも笑える音楽好きにはエアロの名曲”クライン”のライブ、ブラック・アイド・ピーズとセルジオ・メンデスとの共演にしびれるだろう残念ながらシンデレラガールとなるリンダを演じるクリスティーナ・ミリアンは知らなかったが、でも彼女の歌唱力は素晴らしかったしかし、映画の中のせりふでもあるように、本当にゴスペルを教会で歌っている太ったおば様たちには彼女ぐらい歌える人はいくらでもいるんだよねー

L.Aの美しい風景や店が見られるのが前作同様、この作品の魅力のひとつになっている前作で登場したダニー・デビートとトラボルタが出会うオープンエアのレストランにはたまたま行ったことがあったが、そこでのフローズン・カクテルを飲みながらのランチは最高だった今回の作品でも行ってみたいお店が目白押しだが、セットではないので誰でもいける所がいい今度L.A.に行ったら行ってみよう

笑いあり、恋愛あり、アメリカンドリームの実現あり、ハラハラドキドキあり、レイカーズのゲームでのハーフタイムのキス・シーン(年取ったカップルやちびではげのダニー・デビートと美女とのなど、こういうアメリカは本当に好き)ありと、アメリカ人の好むすべてが詰まった映画といえるかも僕はあまり典型的な日本人じゃないかもしれないけど、日本人でも楽しめる映画だと思います、おすすめです


2005年09月21日

アジアのキュビスムーアジア近代絵画を見られる貴重な体験ー

アジアキュビズム竹橋の東京国立近代美術館で8月9日から10月2日までアジアのキュビスムが開催されている。セザンヌに始まり、ブラック、ピカソにより発展を遂げたキュービズムがアジアの美術界にいかに影響を与えたかという貴重な展覧会だ

20世紀初頭、ピカソとブラックが共同生活をし、同じ主題について描いた作品を並べるという興味深い展覧会を1990年初頭MOMAで見る機会があった。MOMA、グッゲンハイム、ポンピドー、どこでも見られるキュービズムだが、キュビズムを冠した展覧会を見るのはそれ以来かもしれない。仮面などアフリカ美術にセザンヌと同じぐらい影響を受けたこのヨーロッパ人の二人の興した運動が、アジアにまで伝播するとは興味深い。ただし、アジアに伝播したのは日本、中国を除くと1900−1910年代に遅れること数十年たってから、植民地からの独立後だそうだ。アフリカ文化はアジアにはヨーロッパと比べるとなじみづらいのかも知れない。

日本や中国の画家がヨーロッパのキュービズムを忠実に再現しているのに対し、東南アジア、南アジア、韓国の作家は独自の様式を確立しているのが興味深かった。例えばスリランカのキートやインドのサバワラは直線で分割する本来のキュービズムに対し、曲線を多用している、アラベスク模様の影響だそうだ。韓国のキム・スは透明キュビズムと呼ばれる対象のうえに半透明な幾何学的な模様をかぶせる方式を作り出した。いずれも素晴らしい作家に思えた。マレーシアのチィア・ユーチェン、韓国のキム・ギチャン、キム・ファンキなどは東洋画の伝統である極端に横長の構図と平面性を取り入れている。

ほかにもマレーシア、シンガポール、インドネシアの画家たちの風土を現す大胆な色使いの作品に心を惹かれた。添付の作品はインドネシアのアフマッド・サダリのセントラル・パーク。

この展覧会には日本で著名な画家の作品はひとつもない(東郷と1点づつ飾られたピカソ、ブラックを除くと)。そのためか、非常にすいていてゆっくり鑑賞できた。アジアを旅行するとき以外にアジアの絵画を見るチャンスもあまりないし、せっかっくアジアに行っても地元の美術を鑑賞する人は非常に少ないだろう。リゾート地としてのアジアではない、アジアのほかの面がこの展覧会で見えてくるかもしれない。


2005年09月20日

Google Blog Searchベータ版公開 ーページランクによる検索が可能にー4

米国時間の9月13日、グーグルがブログサーチβ版を公開した。日本語にも対応しているのでぜひ試していただきたい。

やはりグーグルらしいと思われるのが検索のデフォルトがsorted by relevanceとあるように、入力したキーワードとの関連性になっていることだウェブ検索同様グーグル独自のページランクによって順位付けが行われているようだ。例えば”チャーリーとチョコレート工場”と入力すると3729件の検索結果が表示される。現在9月20日夜7時時点で、3729件の結果がクロールされているということで、この数は明日には増えていくと思われる。ちなみに私が書いた”チャーリーとチョコレート工場”についてのブログは3729件中4位に表示されている。まだβ版であるが、もちろんSEO対策をほどこしたわけでもない自分のブログが、ページランクによって上位に表示されるのは喜ばしいことだ

日本で最大手ライブドアのブログ検索、米国大手テクノラティジャパンのもの、そして最近発表になったアスクjpのものと、すべての検索が更新時間による検索がデフォルトになっている。つまり今現在更新された最新のものが一番上位に表示されることとなる。例えば”チャーリーとチョコレート工場”というキーワードを含んだタイトルで、本文に”あいうえお”としか書かなくても、ある瞬間にはその意味のないブログがトップに表示されることになるわけだ

以前ブログのランキングについて書かせてもらったが、ブログランキングも依然として信頼できるとは思えない例えば各ポータルの映画ブログのランキングを見てみても、上位のものがすべて優れているとは私には到底思えない。SEO対策で上位にランキングされている、本来なら下位にランキングされているものも、多いのではないだろうか

現在のグーグルのブログサーチはまだβ版なのでまだ検索精度が高いとはいえないかもしれない。しかし、少なくともお目当てのブログを探すためには、最新更新時間による検索よりは、そしてブログランキングよりは、役立つのではないだろうか?

ページランクによるブログサーチがこれによってどんどん出てきて、競争が生まれるのに期待したい。競争は品質精度の向上につながるから。グーグルのブログサーチに期待したい


2005年09月17日

チャーリーとチョコレート工場ーティム・バートンの最高作ー5

charyチャーリーとチョコレート工場はティムの最高作といえるだろう。これはファンタジー作家として映画界第一人者の彼、ファンタジーの料理人として一番の腕を誇る彼に、最高の素材が用意された結果だろう。おいしくて当たり前なのだ

その最高の素材とは1.原作の”チョコレート工場の秘密”のすばらしさ(ファンタジー文学のメッカイギリスで、指輪物語、ハリー・ポッターに次ぐ人気作品)、2.奇人を演じることにかけては恐らく現在最高の役者であるジョニー・デップ(シザーハンズ、エド・ウッドなどを思い出していただきたい)、3.CGではなく特殊効果で実際に作られたウオンカの夢の世界。このすばらしいコンビネーションで、この作品を見る間、観客はしばし現実の世界から逃避できることは間違いない。上映後に拍手が起きた映画は本当に久しぶりだ

ストーリーは見てのお楽しみということだが、簡単に言うと、なぞに包まれたジョニー演じる天才ショコラティエ、ウオンカのチョコレート工場に、チョコの中に入っていたゴールドチケットをゲットした5人の子供たちとその保護者10人が招かれる。チョコレート工場を見学するあいだにいろいろなテストが行われ、最後に残った一人に最高のプレゼントが贈られるというお話

チョコレート工場の内部が画面に映されたときの感動は言葉に表せない。本当にこんな不思議な世界があったらなんて素晴らしいんだろうと息をのむことになる日々の生活で童心をなくしてしまっている人には保障の限りではないが

主人公のチャーリー以外の4人の子供は本当にやなやつばっかり。子供でも十分に理解できるほどにやなやつらこの原作、映画のテーマは、こんな奴になっちゃ駄目だという子供への教育と、こんな子供に育てちゃ駄目だよという親への教訓となっている。

オーガスタスは食いしん坊。子供が食べたがっても必要以上にあげちゃいけないよ、そうじゃないと抑制のきかない、我慢ができない大人になっちゃうよ。バイオレットは超自信家、野心家。他人に勝つことしか考えていない。ちゃんとしつけないと他人の意見などまったく聞く耳を持たない、一匹狼になっちゃうよ、世の中他人の協力なしでは生きていけないんだから。ベルーカはとにかくすべて自分の思い通りにならないと気がすまない。甘やかしてそれを許してしまっている親に責任がある。今の日本で一番多いのはベルーかタイプかマイクはいわゆるIT天才児。自分が天才だと思い込み、他人を馬鹿にしきっている。ビデオゲームとしか会話できない、コミュニケーション能力の欠如した新世代の子供。日本でもすでに増えてきてる?

チャーリーは家族が大好きな本当にいい子供。自分の幸せよりも家族の幸せを考える。おじいちゃんもおばあちゃんも大好き。お小遣いをねだる対象ではなく、愛情の対象である現代の競争社会へのアンチテーゼ、相手をけおとし、利用するのではなく、一緒に助け合って生きていこう、家族はその礎だということを思い出させてくれる映画だ

アメリカの個人主義、競争主義が世界を席巻し、日本もそれに巻き込まれている。大家族は崩壊し核家族化がすすんでいる。社員を家族として守ってくれた会社ももうほとんどなく、会社への信頼感も薄れている。本当にこんな時代でいいのかということを問いかけてくる映画がアメリカから生まれてきてることに意義がある。9.11、イラク戦争、リストラの嵐でアメリカ人も家族の重要性を再認識しているのだろう。

ファンタジーとしての娯楽映画としてもやなことを忘れられられるし、家族についてとかも考えさせられる。とにかく心が暖かくなります、是非ともみてみてください


2005年09月15日

三人の刺客

選挙がようやく終わった。選挙について書くとまずいので終わるまで待ってました。

実は今回知人が3人も刺客に選ばれていました。一人はうちの親会社社長の堀江さん。都市部だったら当選したんじゃないかな?もう一人は田中真紀子さんへの刺客の米山君。神宮テニスクラブでのテニス仲間。東大医学部だけど文科系の頭もあるので東大の文科系の大学院も卒業した秀才。弁護士もとるって言ってたけど本当にとるとは驚いた。最後の一人は赤沢さん、コーネルMBAの同級生、彼は見事に鳥取で当選した、おめでとうございます。

赤沢さんは官僚出身だから政界への転身は以前から言われていた、しかし堀江さんと米山君の出馬には驚いた。時代は変わった。友人の中では産業再生機構COOの冨山氏が政界に行くかなと思ってたのだけど見事に予測が外れた。

次回の選挙後には何人か友人が政界入りするんだろうなー。楽しみです


2005年09月06日

ヤフーの検索形式ウェブ型に変更ーしかし携帯はディレクトリーが優位ー

ヤフージャパンが検索方式をダイジェスト検索からウェブ検索へと変更した。サイト登録結果がまず表示され、その下にウェブ検索結果が表示される形式からウェブ検索結果のみが表示されるグーグル型へと変更になったわけだ。

ヤフーUSではすでにこの形式に移行していたので、この変更は予想どおりといえる。変更の理由についてはヤフー検索室長の井上さんが述べているとおり、ロボット検索がディレクトリー検索を凌駕したことをついにヤフージャパンも認めたことに他ならない。井上さんの説明にあったように初期の検索エンジンではロボット型の精度が低く、ディレクトリー型がインデックス数では劣るが質では優位にたっていた。その結果U米国でディレクトリー型をおしすすめたヤフーが勝利し、ロボット型をおしすすめたエキサイトがチャプターイレブンの憂き目にあったのはご承知のとおりだろう。しかし、グーグルの登場以降はロボット型が量、質ともにディレクトリーを上回っていたわけで、今回の変更は当然の結果といえよう。

ロボット型優位が今回のヤフーの判断でますます決定付けられたわけだが、携帯に話を転ずると状況は異なる、ディレクトリー型が優位である。なぜか?携帯サイトの質が低く、ロボット型がクロールしても質が低いサイトを多く拾うこととなり、人間の手で厳選して選ぶディレクトリー型が質で優位に立つからである。さらに、量で優位を誇るロボット型であるが、画面が小さい携帯では一画面で10サイトほどしか表示できず、100サイトを拾ってきてもすべて見るには10ページまで見なくてはならない。PCでも1ページ目までしか見ない人が50%、3ページ目までしか見ない人が80%であるから、アクセス速度が遅い携帯で10ページ目まで見る人はほとんどいないだろう。

携帯の検索はまだ始まったばかりである。ちょうど10年ほど前にPCでの検索が始まったときと状況は非常によく似ている。携帯においてはしばらくディレクトリー型優位が続くであろう。