2005年07月

2005年07月12日

ECMレーベルの至福ーインテリ向け癒し系ジャズー

tabula rasaECMレーベルとの付き合いは高校時代に遡る。ECMに”入門”したきっかけはキース・ジャレットケルン・コンサートやソロ・コンサートをみんなで聴いていたブルーノートやプレステージとは異なる独自の音色に衝撃を覚えた友人がコルトレーンやドルフィーなど主としてアメリカジャズを聴いている中、ひとりECM、ヨーロピアン・ジャズにはまりこんでいったジャズ好きからすれば邪道であろうというか、その頃からジャズも聴いていたが、ロックもクラシックも相当聴いていたので、ジャズ好きからすればその時点で×だろう

キース・ジャレットから派生して聴くようになったのがヤン・ガルバレク名盤”マイソング”で聴ける泣くようなサックスに心を奪われ、それ以来最も好きなミュージシャンの一人となった彼はそのようなバラードも得意だが”北欧のコルトレーン”と呼ばれているようにラルフ・タウナーとのアルバム”ソルスティス”などではその吼えるような音色も十分堪能できるヤンは3年ほどまえにグレゴリオ聖歌を歌うようなコーラスグループと来日、その時のコンサートに2度でかけた。もちろん素晴らしかったが、やはりジャズを演奏するヤンを聴きたかったのが本音だ

上記の例のようにECMのミュージシャンはお互いのリーダーアルバムで共演しているので、”あのアルバムのミュージシャンが、ここでも演奏している”といった発見が楽しみキース、ヤン、ラルフ、そしてパット・メセニー、チャーリー・ヘイデン、エグベルト・ジスモンチ、ナナ・ヴァスコンセロスなどはお互い共演しているはずだ

最近文化的な生活をするようになったのと、癒しが必要になったのと二つの理由で、再びECMを聴きたくなってきた。その時出あったのがECMの幸せ。というサイト訪れれば一幸斉さんの批評は信頼できるとすぐ分かるここで紹介されていたアリルド・アンデルセンの”ザ・トライアングル”、”エレクトラ”、ヤコブ・ヤングの”イブニング・フォールズ”は全て素晴らしかった”イブニング・フォールズ”でのドラマー、ヨン・クリステンセンとの20年ぶりの”再会”も感慨深かった一幸斉さん、ありがとう

ヤン、アリルド、ヤコブ、ヨンは全てノルウェー人ノルウェー人のジャズ・ミュージシャンの演奏力、曲への理解、洞察力は申し分ない非常に深みのある、知的な演奏を繰り広げてくれる。今度はECMの幸せ。で紹介されている、やはりノルウェー人のトルド・グスタフセンのアルバムを買ってみよう

ECMから1枚を選ぶのは至難の技だが、トップの写真を選ぶ際に考えに、考えてとりあげたのが、写真のARVO PARTの”タブラ・ラッサ”。これはロンドン留学時代、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート出身の画家の家で出あった1枚ジャズではなく、エストニア生まれの作曲家ARVO PARTによる現代音楽。演奏者はキース・ジャレットとギドン・クレメールなど東ドイツやロシアの絵画もそうだが、西洋の退廃的なな文化圏では生まれ得ない、抑圧された世界でのみ生まれうるこのARVO PARTの深遠な音楽を聴いたときの第一印象は”この現代にこのような曲を作曲できる人がいるのか”という衝撃だった二人の演奏ももちろん非の打ち所がないこうした世に埋もれていた素晴らしい音楽を、商業的に成功できるかわからないというリスクおかしてまで世間に問うところが、このレーベルの創始者マンフレート・アイヒャーの素晴らしいところだ

この”タブラ・ラッサ”は非常に重いので万人向けではないが、他のアルバムは”涼しい”ジャズなので、これからの季節に合ってます。癒し効果もあるので、是非聴いてみてください


2005年07月11日

ロングテール論の誤解ー検索連動型広告はショートテール?ー

ロングテール最近ロングテールなる言葉が巷を賑わし、弊社にも間違ったリクエストが寄せられてきているようなので、ここで説明させていただきたい

ロングテール論とは図のように、紫色で表される上位の結果がマジョリティーを占めているのはもちろんだが、黄色で表される尾のようになったニッチの部分も集まれば価値があるというものだ。なぜ検索業界で話題になっているかというと、どうもヤフー検索室長井上さんがSESでの講演で、”検索の上位3600位まで集めても検索全体の20%にも満たない”とか発表したことで、ロングテール論との関連付けがささやかれるようになったようだ

井上さんの言いたいことは恐らく”このように検索の仕方は人により千差万別だ、だからこそパーソナル・サーチは重要だ”ということだろう。おっしゃるとおりだしかし、日本の検索連動型(リスティング)広告においては(個人がアドセンスを使ってアフィリエートで儲ければロングテールの尻尾の先でも儲かるという話は別だが)見方は全く異なる。”尻尾はない、だからいらない”のである

検索するキーワードは人により千差万別なので、検索全体ではロングテール論は当てはまる。しかし、検索する分野を絞り込む検索連動型広告においては全く事情が異なる弊社の不動産関連のお客様を例に出してみよう。消化額はトップ10%のキーワードで70%、トップ20%のキーワードで87%を占める反対に検索さえされないキーワードは17%、クリックされないキーワードは19%つまり、全体の36%、約3分の1のキーワードは売り上げがゼロであるこれをグラフにするとトップ20%までで87%の山が出来、21%から64%にかけて残りの13%の山ができる。残りの36%には尾さえできない、つまりショートテールになっているわけだ

この例が特別だというわけではなく、例えばある自動車保険のお客様の場合などトップ10%のキーワードの売り上げが全体の90%を占めてしまう何度も述べてきているように、日本では欧米と異なりユーザーの検索レベルが低いため、複合語検索もうまく使いこなせていなく、トップキーワードに検索が集中してしまうお客様が知識があってせっかくこれがよいだろうというキーワードを用意しても、上記の不動産関連のお客様の例では、17%のキーワードはたった一人の人にも、検索さえされていないそして19%は少なくとも1人は検索しているが、1度もクリックされていない20回以上クリックされているキーワードは45%しかない

代理店様、お客様に申しあげたいのは、検索連動型広告ではロングテール論は成り立ちません消化額を増やすためにワード数をある程度以上増やしても、手間がかかるだけでほとんど効果がありませんトップキーワードのレビューの書き換えが効果的ですよろしくです

 


2005年07月08日

大好物を季節はずれに食すのが一番の贅沢?

焼酎高校の友人のグル友と久しぶりに食事に行った。IT系の仕事を結構している弁護士なのだが、懇意にしているセプテーニの経営陣を知っているとのことだ。世の中狭いから悪いことはできない

今回は鮨を食べに行くことになった。友人夫婦は大の鮨好きで、日本中の鮨を食べ歩いているそうだ。前回は奥様が子供の頃からの行きつけの久兵衛だったが、今回はつまみが面白い店とリクエストしてみた。連れて行ってもらったのが銀座の新交詢社ビルにできた逸喜優だった

この店は確かにいろいろとつまみがそろっている。岩がき、平貝の磯辺焼き、みる貝など貝類が生きがよく、美味。白身や光物もおいしくいただく。中でも一番感動したのがふぐの白子焼きこの時期にこんなおいしい白子焼きを食べれるなんて、もうこれだけで十分

本来ならその季節にしか食べれないはずの、しかも大好物をいただくことほどの贅沢があろうかもちろん、季節はずれのものは季節まっさかりのものよりも数段落ちるというご意見もあるかもしれないがこのふぐの白子焼きもそうだが、先週中国飯店でいただいた今年初めての上海蟹も、非常に感動した秋、冬には何度か食べるので有り難味が薄くなるのだが、この梅雨の時期に食べれること自体が、甘みが足りないことや身が小さいことを補って余りあるのではないだろうか

その後食べた鮨にも非常に満足したやはり何にしてもその道に詳しい人に聞くのが一番だ。鮨屋に行くときは今後も彼等に任せることにしよう

最近日本酒は次の日残るのでこの日も焼酎を飲んでいたのだが、酔っ払った友人が”焼酎好きなら嫁さんと鹿児帰る時に珍しいの送るよ”といってくれた。友人は次の日には忘れていたのだが奥さんが覚えていてくれて、送っていただいたのが写真の2本の焼酎確かにどちらも見た事がないし、1本が古酒でもう1本が原酒のようである。最近ワインと同じぐらい焼酎にもはまっているので非常にうれしい今度お客さんが来たときにでも飲んでみよう


2005年07月07日

ナショナル・クライアントの本格参入はいつか?

昨日の7月6日付け日経の11面”メディア奔流”というコラムに面白い記事があったのをご覧になられただろうか?ホンダの宣伝販促部が広告代理店の営業マン向けに”インターネット広告の活用法”をテーマにした研修を実施しているというものだ。本来なら広告に精通しているはずの広告代理店の営業担当社員がなぜクライアントの主催する研修をうけているのか?インターネット広告への提案が十分でないことへのホンダの不満の表れのようだ。
 
大手広告代理店の社員はインターネット広告への理解が、旧メディアであるテレビ、ラジオ、雑誌、新聞に比べ低いそうである。さらに大手の広告代理店は、現在インターネット広告には、子会社を主に活用している。そして、ホンダのようなナショナル・クライアントはインターネット広告代理店ではなく、大手広告代理店が主に扱っている。その結果、ナショナル・クライアントにおいては、広告費の旧来のメディアへの振り分けが大きくなってしまう。これに不満で、広告代理店営業担当へインターネット広告の活用法研修を実施するという奇妙な事態が起きたらしい。”ホンダの最新意識にあった(インターネットも含めた)プロモーションを提案できるようになってほしい”という目的だそうだ。
 
さらにこの記事によると、日産の新車”ムラーノ”の来店顧客の5割弱がネット経由だったそうで、大企業(ナショナル・クライアント)がネットの威力に気づいてきているそうだ。最近読んだある記事でも、米国においてもかつては新車販売の際、テレビ中心の、全ての人を対象としたマス広告を打つのが主流だったそうだ。しかし最近では、新車の認知度を上げるために初期段階ではテレビを中心に全ての人を対象としたマス広告を打つが、次の段階ではネットを含めた、ターゲット層を定めた広告へシフトしていく傾向にあるとのことだった。
 
現在ナショナル・クライアントのネットへの広告出稿はまだまだ低い。まして検索連動型広告への出稿は非常に少ない。この日経の記事にあるように、ナショナル・クライアントのネットへの関心が増大しているのは素晴らしいことだ。さらにDVDレコーダーがベストセラーとなっているように、テレビ番組を録画し、CMをスキップする層は確実に増えてくる。テレビを中心とした旧メディアからネットへのシフトが進んで欲しいものだ。
 
検索連動型広告のブランド効果も認知が上がれば、ナショナル・クライアントの出稿も徐々に増えてくるのではないか?その日が待ち遠しいものだ、そんなに遠い日ではないかもしれない。
 

2005年07月05日

白人はカフェインが駄目、東洋人はアルコールに弱い!

アニア以前働いていた外資系の半導体会社のディレクター仲間から来日すると連絡があり、久しぶりに飲みにいった。社長の、米国本社とのパイプを強くするという方針で、日本に駐在することになった4人の白人系米国人の1人だ。仕事だけでなくプライベートでもよく遊んでいたので、仕事仲間ではなく、友人とお互い思っている。そうじゃないとお互い忙しいし、わざわざ会わないよね〜

仕事以外にも音楽とかバスケ(NBA)とかゴルフ(半分仕事か)とかワインとか、いろいろな共通の趣味があって話があったので、よく一緒にでかけたスポーツ以外(日本人の女の人はスポーツあまりしないからローラーブレードも二人でやってた)はカップル同士が多くなるのは、やはり外人だからか

この日は二人で日本料理を食べに行った。食事もおいしく、グラスシャンパン、芋焼酎につけた梅酒ロック2杯、芋焼酎ロック2杯と、いろいろたくさん飲んだ久しぶりで話も弾み、その後私の家に招いた。”もうお酒は十分だ”彼も同じ気持ちだろうと思っていたのだが、家に着いて”何を飲む”と聞くと”カフェイン以外”という言葉が返ってきた

この言葉で思い出した、白人は食後のコーヒーより食後酒なのだと昔家の前で花見をやって飲みすぎたことがあった。家に戻ってから”もうお酒はいいやっ”てことで中国茶を飲んだ。おいしくて皆何杯も飲んだ。次の日彼は真っ赤な目をしていた。中国茶のせいで全く寝れなかったそうだ酒は強いがお茶は駄目らしいその時気づいた白人(コケージアン)のほうが東洋人(オリエンタル)よりもお酒は強いだけど、カフェインに弱い夜コーヒーを飲むと眠れなくなるだから、健康のためもあるが、米国に行くとカフェインレスコーヒーが必ずおいてあるのか

そういうわけで中国茶やコーヒーは飲みたくないそうなので、二人ともワイン好きだし、セラーから写真の1990年ビンテージのアニアを取り出すことになったアニアは100%サンジョベーゼのスーパー・トスカーナ15年経過していてそろそろ飲み頃かと思っていたが、その通りスムースで水のように飲めて、アルコールを感じさせないテラスでかけた音楽はチルドアウト系、そよ風は気持ちよく、素晴らしいワインが目の前にある当然のように、さらにいろいろな話題で盛り上がり、家についたのは9時だったのが、気がついたら12時を廻っていた

日本酒も、ワインもいい酒は水に近く、癖がなく(といってももちろんいい酒はこくがあり、味に厚みがあるが)どんどん飲めてしまう。これが危ない、次の日にひどい目にあういつのまにかボトルは空いていて、私は次の日は二日酔いでした。彼は大丈夫だったそうです。

今度は私がやられました酒では白人に勝てません次回は私だけお茶にしよう

 


2005年07月01日

直販が売り上げNO.1に−ジェイ・リスティングも少しは有名?−

Jentry弊社の主力商品はPCでの検索連動型広告、”ジェイアドリスティング”である5月からこの”ジェイアドリスティング”の直販の売り上げが急速に伸び、トップの代理店様の売り上げを抜いてしまったどうしてこんなことになったのだろう?
 
1.もちろん弊社は代理店様を大切にしてきているので、代理店様からお客様を奪っているつもりはない(弊社は代理店様の満足度を上げるためインサイドセールスに力を入れ、直でがんがん売る営業マンは1人もいない)2..グーグルのようにセルフでのワード購入はできないので、代理店様頼りである。3.ジェイアドリスティングの消化額はオーバーチュア、グーグルのように大きくない。しかし事務処理を減らすため最低請求金額を1万円にしているため、本当に小さなお客様はジェイアドリスティングを購入されない
 
以上の3つの理由で、NO.1代理店様の売り上げを直販が上回ることは、2004年4月のサービス開始以来なかった。それが5月には直販の売り上げがNO.1となり、6月も2ヶ月連続でNO.1であるさらに、直販の顧客数も100を超えてしまった
 
理由は2つある。一つは余りよろしくない理由。昨年12月から始めたモバイルの検索連動型広告が4月ぐらいから好調で、消化もよくなったため、代理店様の目がPCよりも携帯に向いてしまっているためであるうれしいようで、悲しいような、微妙な感じであるモバイルのパートナーは来月以降も増えていく予定なので、ますますこの傾向が強くなりそうである
 
もう一つはうれしい理由ジェイ・リスティングの知名度が徐々に上がってきたというものだ。既に述べたように、弊社は直接の営業活動は一切していない代理店様に100%頼っている直販の売り上げはすべてinfo@jlistingに入ってくるお客様からのお問い合わせであるほとんどすべての内容が”オーバーチュア、グーグルを○○○のキーワードで購入しているが、ジェイ・リスティングについて知ったので試してみたい、資料を送って欲しい”というものである
 
弊社はジェイアドリスティングの販促のために全国行脚もしたことはない新聞広告などに1銭の宣伝広告費も使っていない自社枠に出している広告と代理店様、お客様からの口コミだよりであるそれだけで錚々たる顔ぶれの代理店様の売り上げを抜いてしまった喜んでいいのか、悲しむべきか微妙である
 
錚々たる顔ぶれの代理店様、販促よろしくお願いしま〜す