2005年07月

2005年07月28日

レアルマドリードv.s. ジュビロ磐田ーロナウド走れるじゃん!ー

raul昨日はご招待していただき、味の素スタジアム行ってきました。月曜は大雨だったし、水曜にして大正解ヒルズの駐車場を5時過ぎに出たので6時前には着いた。早すぎかと思ったら駐車場があと2台で満車っていうところで、超ラッキーゆっくりご飯を食べて、7時15分予定通りキックオフ

開始早々、レアルが見せてくれた。ラウルから始まり、スルー、パスを経て、走りこんだラウルが押し込み、ゴールこの間1分未満。この辺の速さと決定力がやはり日本のストライカーとの大きな差だろう最初の15分はさすがと思わせるプレーの連続で、非常に盛り上がった

ベッカムは右からミドルパスを出すだけでまったく前線に出ず、いいところ全くなし。オーウェンも?頑張っているのはラテン系だけって感じだった。

特によかったのがフィーゴ後半からの出場だったが、ディフェンスを何度も振り払い、シュートを数本はなっていた。そのうち1本はさすがという感じフリーになれるだけでなく、その上シュートも決めていた頃のフィーゴは、本当に素晴らしい選手だったのだろうということを証明してくれるプレーだった。特に終了直前、おしくもオフサイドになったロナウドへのパス、そしてロスタイムのロナウドのゴールにつながるスルーパスは圧巻だった

ロベカルは相変わらず素晴らしかったが、サイドラインを駆け上るいつものプレーは見られず、60%の力しかだしていない感じロナウドはMVPに選ばれたそうだが、立て続けにシュートを放った最後の10分以外は精彩を欠いていた。何本かよいパスをもらっていたのに追いつけず、太りすぎで”遅すぎ”ロスタイムのフィーゴのパスに反応したときだけが”ハヤ”ってかんじでした。最後の川口の股をぬいたシュートは文句なかったけどジュビロでは名波と福西がよかった。川口もロナウドのフリーキックもう少しで止めれそうだったし、頑張っていた。

最初と最後の15分は特に素晴らしいよい試合でしたサッカーも面白いまた機会があったら行きたいです


2005年07月27日

ミリオンダラー・ベイビーーいつ死んでも悔いのない人生ー

ミリオンダラー・ベイビー 今年のアカデミー賞で作品賞、監督賞(クリント・イーストウッド)、主演女優賞(ヒラリー・スワンク)、助演男優賞(モーガン・フリーマン)を獲得したミリオンダラー・ベイビー。文句なく今年一番の秀作だろう

アイルランド移民で、田舎で貧困の中で育ち、ウェイトレスであるヒラリー演じる主人公マギー。彼女の唯一の楽しみはボクシング。31歳の彼女は、クリント演じる名トレーナーフランキーへの弟子入りを希望する。フランキーは女は教えないと断るがマギーは勝手にフランキーのジムに入り、黙々と練習を続けるジムに誰もいなくなっても、ウェイトレスの仕事以外はすべてボクシングに情熱を注ぐマギーのひたむきさに、ジムの管理を任されるモーガン演じる元ボクサースクラップがまず打たれ、フランキーに気に入られるようサポート、そして遂にフランキーの頑固さをも打ち負かし、フランキーに弟子入りする

この第一部で描かれているのはマギーの”ネバー・ギブ・アップ”の精神。31歳というボクサーにとっては遅すぎる年齢にも関わらず、その事実をフランキーに指摘されても、決してチャンピオンになる夢を諦めようとしないファッションや異性など、普通の女性なら心を奪われる事物にまるで感心を払わず、ただひたすらにボクシングに情熱を傾けるこの姿に多くのアメリカ人は心を打たれたのだろう

フランキーのボクサーへの思いやりも大きなテーマの一つだかつてのスクラップの試合にセコンドとしてついた際、まだ頑張れるというスクラップのボクサー固有の頑固さをとめられず、結果として片目を失明させてしまったことへの負い目。そのことがトラウマとなり、自分の育てたボクサーが致命傷を負うことを恐れ、フランキーはチャンピオンとのタイトル戦を遅らせ続ける。そのためにせっかく育てた世界チャンピオンを狙えるボクサーがタイトル戦目前に他のマネージャーのもとに走ってしまう金のことしか考えず、ボクサーのことなど金儲けの道具としか思っていない他のマネージャとは正反対のフランキーの優しさしかし血気はやるボクサーがその優しさを理解するのは非常に困難だ

そのため、自分の言いつけを守らず試合に出たがるマギー。フランキーは嫌気がさし、彼女を他のマネージャーに紹介してしまう。しかし、心配で彼女の試合を見に行くと、彼女をただの商売の道具にしているマネージャーに憤り、ついに彼女のマネージャーだと自ら宣言するこの後は、名マネージャーを得たマギーは快進撃を続ける。アイルランド人受けするゲール語(古代アイルランド語)の”モ・クシュラ”というニックネームもフランキーに与えられ、ヨーロッパ各地を転戦、一躍人気者になるここまでが第2部。

この後の衝撃的なラストへ続く第3部についてはネタバレするのでここでは書かない。

マギーとフランキーの親子愛も大きなテーマ不幸な家庭に育ち、今はもう会えない優しかった父親への思いを捨てきれないマギーは、父親のような存在をフランキーに見出す。反対に、音信不通となった娘へ、住所不定で返送される手紙を書き続けるフランキーは、娘への満たされない愛情をマギーにささげるようになっていく。ラストシーンでは、二人の愛情は本当の親子のものより美しいレベルにまで浄化し、人々の心を打つ”モ・クシュラ”がフランキーのマギーへの思いをこめた重要な名前であることも、ここで明らかになる

この映画からは勇気を与えられた決して諦めずに、頑張ればいつか報われるということも改めて教えられた宗教などで教えられることよりも、自分の信念を貫く勇気の大切さも教わった

アメリカでは、9・11テロ以降、人々が死について真剣に考えるようになってきたそうだ。それまでは生の楽しみを満喫し、享楽的な人生を送ってきた人も、生とは死と隣り合わせである事実を認識するようになった。いつ死んでも悔いのないような人生を送ることがいかに重要かを教えてくれるこの映画は、まさに今のアメリカが求めていた映画だろう

頑張ることが美徳ではない現在の日本でこの映画が受け入れられず、すぐにレイトショーのみになってしまったのは、本当に残念だこの国の将来が本当に心配だ。


2005年07月26日

エトワール・ガラーすごっく楽しい気分になれたー

etoile文化村オーチャードホールでのエトワール・ガラ、パリ・オペラ座を中心にヨーロッパ中から若手トップダンサーが集まった若手がのびのびと、自分の好きな演出家による演目を選び演じているので、かれらのルンルン気分が伝わってきて、見ているこちらまで楽しくなってくる素晴らしいショーだった

小品をいろいろ楽しめるのがガラのいいところだが、今回はさらに、古典中心ではなく、僕の好きなモダン・バレエが多かったのもうれしかったモダン好きなパリ・オペラ座ダンサーが中心なのと、やはり若手はモダンが好きだという二つの理由からではないだろうか

女性ダンサーで一番印象に残ったのはルシア・ラッカラ”白鳥の湖”のオデットの美しさは言葉では言い表せないほどだった。その長い手足と柔軟性、表現力すべて申し分ない本当に美しかった反対にバランシンの”アゴン”ではスローなアン・トゥール・ナンの力強さと、いろいろな面を併せ持っていた。マリ=アニエス・ジロは”ダイアモンド”では息がきれるのか苦しそうな表情で踊りにも切れがなかったが、キリアンの”ホエアアバウツ・アンノウン”での力強さと存在感は流石だったレティシア・プジョルはその技巧は認めるが、美しさ、表現力は欠けてるように思え、ハンブルグ・バレエ団のシルヴィア・アッツォーニのほうが惹かれた。ジュリエット、アル中のオーロラ姫共に見事に演じていた

男性ダンサーではハンブルグ・バレエ団のイリ・ブベニチェクが素晴らしかった。二人の男性ダンサーによる”アンドンテ”は第一幕の最後を飾るのにふさわしい作品だったが、ブベニチェクと比較すると相手役のバンジャマン・ペッシュの踊りが力強さに欠け、身体にもきれがなく、気の毒に思えてしまったエルヴェ・モローはイケメンだし、手足も長く、踊りも優雅で理想的な王子役として人気がでそうだ

席が前から4番目だったので、ダンサーの息遣いまで聞こえてきて、踊りの表情も全て見えたやはり、前でみるのと後ろでみるのでは全然違う

エンディングは本当に楽しかった。薄いカーテンの向こうで、楽しいテーマ曲に合わせて出演者がおどけながらステージを行き来している。その若々しい演出に、自然と楽しい気分が満ちてくる。それと同時にカーテンが開き、出演者が現れる一番盛り上がったのは何回かの挨拶の後に何気なくマリが1回転のピルエット、拍手、するとルシアが優雅に、すまし顔で2回転、大きな拍手、負けじとレティシアが4,5回転場内は歓声に包まれた

こんなに楽しい気分にさせてくれたバレエ公演は本当に初めて、感動することは多いけど来年も開催されるなら絶対にまた来ます


2005年07月24日

風鈴がプチブーム?、癒し効果が理由か?

huurinn インテリア友達と川崎大師の風鈴市に出かけた最近ついてないことばかり起こるので2週間前に大師に厄除けに行った際に、風鈴市のパンフレットをもらった。風鈴は夏のインテリアに欠かせないその音色は癒し効果もある

パンフレットによると、風鈴市は今年で10回目、全国47都道府県から750種類、23,000個が勢揃いだそうだ川崎大師オリジナルの厄除けだるま風鈴はガラス製、赤い球形の風鈴に趣のあるだるまの顔が書かれている。デザインもいいし、しかも厄除けのお祓いがされているとのことだこれは絶対欲しいその他に沖縄や青森のびーどろ風鈴、江戸切子風鈴などのガラス製、九谷焼、笠間焼、有田焼、伊万里焼、備前焼などの全国各地の陶器製、南部風鈴などの金属製などなど、様々な素材の風鈴がそろう4,5年ぐらい前にも行ったがその時は紅白の厄除だるま風鈴と、招き猫型の陶器の風鈴を購入した

7月20日水曜から24日の日曜まで開かれた風鈴市。前回も週末に出かけたはずだが、日曜に行ってみて驚いたすごい人だ。そして、がっかりした、多くの風鈴が既に完売になっていた

以前は中高年の人が多かった記憶があるのだが、今回は20代、30代ののカップルも多くみられた。そういえば最近東急ハンズに行っても風鈴が売っていて、若者も結構見てるよな。やはりみんな疲れていて、癒されたいのだろうかそういうわけで購入したのが清水焼の写真の風鈴。まあまあだったけど何も買わないのもしゃくなので、購入してみた。

来年は休みをとって平日に行こうかな


2005年07月22日

グーグルローカルサーチに携帯版が登場ーハヤッー

グーグルが携帯版ローカルサーチを発表したようだ。PC版をはじめて僅か10日間での携帯版発表となった早すぎ、同時開発していたのだろうが、日本のR&Dセンターの効果か
 
「Googleローカル」携帯版の機能はPC向けと同じ。ラーメンなどのキーワードと恵比寿などの地名と二つの情報を入力すると、恵比寿のラーメン屋が地図と共に表示される。
 
こうした店舗情報はPCよりも、実際に現地でアクセスできる携帯電話のほうが役立つ場合もあるだろう。検索結果に表示された店舗の電話番号をクリックすると実際に電話をかけられる機能は、携帯電話では既におなじみの機能だこれ経由で電話が来た回数に対して課金するペイパークリックモデルも、すぐにでも始められるのではないか
 
携帯電話ではPCのように検索のみでトラフィックを稼ぐのは、容易ではないだろう。グーグルが「Googleローカル」を開始したのもトラフィックを獲得するためのてこ入れではないだろうか今後もグーグル携帯版のメニューがどんどん増えてくるような気がする。
 
携帯版検索連動型広告ではオーバーチュア、グーグルに差をつけられないように頑張っていきたい。勝負はナンバー・ポータビリティー元年の来年、2006年だ

2005年07月20日

グーグルローカルサーチに注目!ー新市場を取り込める?−

先週の7月14日、グーグルが地図サービスとローカルサーチを発表した。米国では3月に発表されたサービスがついに日本でも導入されることになったわけだ。
 
ローカルサーチについては2年前、ジェイ・リスティングを設立した際のビジネス・プランに、弊社の将来的な柱の一つとして記しているのだが、残念ながらほとんどすすんでいないローカル・ディレクトリーの東京のみのベータ版を昨年4月のビッグローブ様向けのサービス開始にあわせ導入したのだが、そのままほったらかしになっているのが現状だローカルポータルと組んだり、電話帳情報を入れることで全国的なローカル・ディレクトリーを作成する予定だったのだが
 
”Googleローカル”はNTTのタウンページとグーグルのインデックス情報からなっているそうだ。”ラーメン”などのキーワードと”渋谷”などの地名の二つの情報をもとに検索するのが特徴だ。いくつかの組み合わせで試した見たが、なかなか興味深い将来的には当然検索連動型広告を導入してくるだろう(そうしないと利益がでない)イエローページに広告を出している中小のレストラン、小売店の市場は、ちりも積もれば山となる魅力的なマーケットだ。このマーケットを開拓できれば、検索連動型広告の将来はさらに有望となるわけだ
 
当然、中小の市場なので、PPCモデルならクリックあたり数円がいいところだろうし、米国で普及しつつあるペイパーコール型モデルもフィットするかもしれない顧客あたりの売り上げは小さいかもしれないが、その数は膨大であり、大きな市場となりうる
 
ナショナル・クライアントの開拓も必要だが、反対にこうしたパパママショップの開拓も同じぐらい重要だ。こうした試みにより検索連動型広告は成長し続けていくことだろう。これほど面白い商品はなかなかないのではないか
 
今後も検索連動型広告の発展に微力ながら貢献していきたい

2005年07月19日

クレモンティーヌ&カルロス・リラー一粒で二度おいしいー

クレモンティーヌクレモンティーヌが来日するというので久しぶりにブルーノートに出かけた。しかも共演者がボサノヴァの巨匠カルロス・リラアルバム”クーラー・カフェ”以降のフレンチ・ボサが聞けるのかと期待してでかけた

予想に反して、クレモンティーヌが歌ったのは、シックスティーズの懐メロフレンチソング集レトロな雰囲気の海に行きましょ的な曲、男と女のテーマ、水色の恋にサントワ・マミーまで飛び出したまあ、これはこれで彼女の声の質と合った曲が多く、なかなか楽しめたサントワ・マミーは歌唱力のなさが目立ってしまって残念だったが

その後でカルロス・リラが登場、一緒にボサノヴァの名曲”マリア・ニゲン”を歌った後クレモンティーヌは退場、カルロス・オン・ステージとなるカルロスはもう60歳を超えているはずだが、声は少しも衰えず、つたない日本語で解説を加えながら次々と熱唱していく。その歌とギターの表現力は完璧で聴衆は彼の世界に引き込まれていくクレモンティーヌファンの女性客が多いようだったが、カルロスへの拍手のほうが大きかったのも当然だろうカルロスと比べると、クレモンティーヌはルックスと声がかわいいだけのアマチュア歌手で、フランス本国ではまるで無名というのがうなずけてしまうカルロスとの共演はボサノヴァに目覚めた彼女にとって名誉のことではあるが、大きなリスクだったといえよう

カルロスがステージを去った後の、リズム隊3人によるパーカッションの共演が、恐らくこの夜のハイライトだったといえようメインの二人がいない、しかもパーカッション・イベントが一番というのも、皮肉な話だがそれだけ、サポート・ミュージシャンの質が素晴らしかったということだパーカッション、ベース、そしてギターの3人は、特に素晴らしかった。ギタリストがクレモンティーヌとデュエットしたが、その声もギターもジョアン・ジルベルトかというほどの見事な表現力だった

クレモンティーヌだけでも、カルロスだけでも、短調なライブになるところが、二人が共演したおかげで、60年代の懐メロシャンソン、そしてボサノヴァと二つの音楽が楽しめたなんか得した気分のコンサートでした


2005年07月15日

ロイヤルバレエ”マノン”-シルヴィ・ギエムはやはり妖精?ー

シルヴィ・ギエムロイヤルバレエを見るのは今回が3回目。1回目はロンドンのロイヤルオペラハウスで、欧米ではクリスマス・ニューイヤー恒例の”ナッツクラッカー”91年1月3日だった。思い出したコーネル大学MBA留学時代の冬休み、ケニヤ生まれのインド人の友人がニューイヤーにナイロビに戻るというので、一緒についていった。その往路にロンドンに数日立ち寄り、新年を友人宅で過ごした際に見に行ったのが、これその頃話題になりつつあった熊川哲也が、中国人ダンサー役で素晴らしい跳躍力を見せていたのが印象的だった、他のダンサーよりも体半分ぐらい高く飛んでいた

2回目が95年6月29日、サンフランシスコ出張の際。ちょうどロイヤルバレエのアメリカ・ツアーの最中だったこの時のプログラムはいくつかの小品だったが、印象に残ったのは”Fearful Symmetries"という現代もの。シンメトリーというぐらいで、黒のタイトスーツに身を包んだ何人かのダンサーが同じ振りで踊るのだが、イレク・ムハメドフの存在感は他のダンサーを圧倒していた成長した熊川の踊りもその優雅さと、相変わらずの跳躍力で、間違いなく世界の一流ダンサーのものといえるのだが、ムハメドフの力強さには残念ながら及ばなかったそれぐらい、この頃のムハメドフは素晴らしかったのか

今回の日本でのツアーではシルヴィア・ギエムとジュリアン・コープのベテラン二人によるマノンを選んだ。若いダンサーはまだこれから見るチャンスがあるだろうからそれがなんと、ジュリアン・コープが急病で代役をマッシモ・ムッルが務めることになったしかし、そんなことを忘れさせてくれる素晴らしい舞台だったその素晴らしさはこちらのチャコットの記事を参照ください

第一幕でのシルヴィ演じるマノンの可憐さ、そしてその柔らかすぎる身のこなしには心を奪われた彼女はやはり他のダンサーとはとは本質的に違う、パリでピエトロガラを見たときもこれほどの感動はなかったその演技力、表現力、容姿、そして技術力の全てが超一流だからだろう第三幕の命尽きる直前の踊りの、最後の力を振り絞るかのような狂おしい踊りの素晴らしさは、到底言葉では表現できかねる。最後にマノンが力尽きたときには思わず涙した。バレエでほろっと来たのははじめてかもシルヴィの演技への感動とデ・グリューへの感情移入の両方が原因だろうが。

第一幕が終了した後に、”シルヴィ・ギエム最後のボレロ”のチケット予約に大勢の観客が殺到した気持ちが非常によく分かる。遅ればせながら、これからチケットを予約するつもりです。取れるといいんだけど


2005年07月14日

日本の検索連動型広告にもロングテールが必要!!

ロングテール 前回の仕事日記で、日本の検索連動型広告ではロングテール論が成立していないことを述べさせていただいた。話はそれで終わりではない日本の検索連動型広告にもロングテールが必要なのだ

何回も述べているが、ショートテールになってしまっている原因は、1.ユーザーが検索するキーワードが少なすぎる、2.お客様が提案してくるキーワードが少ない、の2点が大きい。特に複合語が欧米に比べて少なすぎる前回例として使わせていただいた自動車保険のお客様でも、トップ10キーワードのうち複合語は1つにすぎない

現状は厳しいが、将来は明るい以前述べたように、ヤフー(ヤフーの場合はベータ版のヤフーサーチでのサービスで、トップページのヤフーの通常検索ではまだそうした機能はないが)やgooが”よく検索されるワード”を表示するサービスを始めてくれたからだちなみにヤフーサーチベータ版での自動車保険の検索結果では添付のURLのように、自動車保険 見積り、自動車保険 比較など、5つの複合語が表示される。こうしたヤフーやgooの推奨語に準じた検索が行われるようになると、複合語検索にユーザーがなれてくるそうなると、弊社等の媒体社とお客様が設定した複合語、今までユーザーが思いつかなかったために検索されなかった、ニッチな複合語を中心としたキーワードが検索され、かつクリックされるようになるだろうこの時初めて日本の検索連動型広告がショートテールでなく、ロングテールに変貌することとなる

前回説明した不動産のお客様の例では、現状約3分の1のキーワードが全く検索されないか、クリックされない状況である。この3分の1が5分の1になり、10分の1になり、尾が長くなればロングテールとなる。ニッチなキーワードが収益を生むようになり、それを集めれば大きな収益となってくればロングテール論が成立するわけだ

欧米の検索連動型広告は日本と比べると相当長い尾を持っている。日本でもニッチなキーワードが検索されるようになり収益を生めば、収益を生むワードの分母が大きくなる。さらにオークションモデルによってキーワードの単価が上がれば、相乗効果で検索連動型広告(リスティング)の市場規模は一気に拡大する

お客様の数が増えなくても、一つのお客様あたりの単価が上がるわけだ。ロングテール論が日本の検索連動広告においても成立する日が待ち遠しいそう遠い日ではないはずだ


2005年07月13日

”クローサー”ー相当な恋愛経験者じゃないと理解不能?−

クローサー”クローサー”はロンドンで話題になった舞台の映画化だそうだ。ジュリア・ロバーツ、ナタリー・ポートマン、ジュード・ロウという豪華キャストから、ロンドンを舞台にした華麗な、軽いのりの楽しい恋愛ドラマを想像していたが、想像とは裏腹の、非常に難解な心理劇だった

この映画は”君から目を離すことができない”というリフが繰り返される挿入歌と共に、ナタリー・ポートマンが颯爽とロンドンの街を闊歩するシーンから始まる。この時彼女に目が釘付けになるのがジュード・ローそして、同じ挿入歌と共に、ロンドンでの様々な出来事で成長し、さらに”いい女”になってニューヨークの街を歩くナタリーに、すれ違う男全てが目を奪われるシーンでこの映画は幕を閉じる

映画は4人の男女が織り成す”不倫劇”ジュード・ロウ扮するジャーナリストは、ナタリー扮する恋愛に破れ、ニューヨークから逃れてきた元ストリッパーと恋に落ち、同棲している。二人はラブラブなのだが、モデルを頼まれ、知り合ったジュリア・ロバーツ扮する写真家をすぐに口説くところが、さすがイケメンのイギリス人プレーボーイ待ち合わせをしているナタリーがスタジオに来る直前に口説いて、キスまでしてしまうなんてありえないかもこのジュードがジュリアを口説く会話を聞いてしまい、悲しみを抑えきれないナタリーが自分も写真にとれとジュリアに要求し、ジュードを去らせる。その後に見せた涙を流した表情はたまらなく、美しいこの写真はジュリアの写真展で飾られることとなる。

その後の映画の展開は、ジュードがネカマとして、恋するジュリアを装ったセックスチャットで、クライブ・オーウェン扮する医師をその気にさせ、水族館に誘う。そこに偶然に居合わせたジュリアと出会い、二人は恋に落ちる。ジュードが恋する人と他の男を引きあわせるキューピット役を演ずることになってしまう偶然の皮肉ジュリアとジュードはお互いに恋人がいるのに、お互いを忘れることができない。そして、4人の複雑な関係が始まってしまう

ジュリアはジュードが好きだが、その子供っぽさには飽き飽きしている。クライブは頼りがいがあるが、”イケメン”ジュードにも惹かれている。要するにどっちにも満足していない。”隣の芝生は青い症候群”の女であるカメラマンで、知的なイメージを与える、善女のはずのジュリアが実は悪女反対に、元ストリッパーで、男を手玉にとりそうなイメージのナタリーが、純粋にジュードを愛している善女であるという皮肉このあたりのパラドックスが、皮相的なアメリカ映画には見られないイギリス映画の特徴だろう

結末は、二つのカップルは悪い男と悪い女に振り回され、一時は別れるが、最後には元の鞘に収まると思わせるのだが、そこで終わればアメリカ映画、そこで終わらないからイギリス映画である

この映画が教えてくれることは、”知っていても、知らない振りをするのが大人で、それが長く恋愛を続けていくこつである”ということ。それを分かっているクライブは幸せになるのだろうが、理解できない”オコチャマ”ジュードには後悔の人生が待っている

だけど、今の日本でクライブみたいに振舞える”大人”ってどれぐらいいるんだろう?中高年は恋愛経験が少なくて無理だろうし、若者は恋愛経験は豊富だろうけど、まだ子供だし日本が恋愛後進国だということを思い知らされる映画でした私は恋愛については自信ありという方にはオススメの映画ですもう公開していないのでDVDでどうぞ。