2005年06月

2005年06月29日

ビル・ゲイツ検索を語るー検索の注目度が一気にアップ?ー

6月27日、ビル・ゲイツがMSNサーチのプロモーションのために来日し、検索の重要性について語ったそうだ。さらに井上さんのブログによればその模様が12チャンネルのWBSで放映されたようだが(井上さん、メールについでに書いてよ、番組見損ないました)、これは日本の検索業界にとって画期的な出来事だろうゲイツ、そしてマイクロソフトが、検索をそれだけ重視していることのアピールに他ならない米国ではDEC,HP,Compaqが合併してできた巨大企業である新生HPを、グーグルが時価総額で上回っている。さらに自分自身が検索にどっぷり浸かったライフスタイルをおくっているわけで、検索業界へのビジネスマンの注目度は非常に高い
 
残念ながら、日本ではそれ程注目されているとは思えないPCをようやく使いこなすようになり、インターネット自体への苦手意識もあり、検索も使ったことがある程度の中高年ビジネスマンが、残念ながら日本ではまだ多数派だろうからグーグル、ヤフーの時価総額がそれ程大きいことなども、恐らくわかっていないだろうしかし、ビル・ゲイツは彼らもよく知っている、WBSはよく見ているこれにより中高年ビジネスマンの検索への注目度が高まれば素晴らしいことだ。ビル・ゲイツの講演の記事を読んでみたが、検索で欲しい情報を見つけるのに11分もかかる、検索はまだ発展途上だと語っている、全くそのとおりだ
 
MSNの講演会の記事で私が興味をもったのがベータテスト中の「start.com」この「start.com」による、検索から星占い、天気予報、ニュース、スポーツなど自分にあった情報ポータルを作成するという構想は素晴らしいヤフーをはじめポータルの中で自分が使いたい機能というのは果たしていくつあるのだろうか?自分が普段使うものだけを集めた自分だけのポータルができ、そこで自分の過去の検索履歴などから自分用にカスタマイズされたパーソナルサーチを使えるようになれば満足感はどれほどだろう?自分の好きなもののみを集めたデパートができてそこで買い物できたらどんなに素晴らしいか、想像して欲しい
 
MSNがTEOMAのような自然言語検索に取り組んでいるのは知らなかったし、航空地図を使うなどしてローカルサーチの精度も上げてきているようだ。MSNの巨大な研究開発費と多くの優秀なエンジニアを考えると、やはりMSNがグーグル、ヤフーの2強の競争に入り込み、3強状態になることは間違いなさそうだ。米国からの情報にますます目が離せなくなってきた。
 
日本では注目度がまだまだの検索業界だが、今後ますます注目されていくのは間違いないだろう

2005年06月28日

我が家の自慢ーテラス庭園ですごす昼と夜ー

テラス今年も暖かい季節がやってきた寒いのが嫌いな私のエネルギー・レベルは上がる一方だこの暖かい季節には特に、我が家の自慢となるのがテラス庭園完成までに数年かけた自信作だまず、6畳ぐらいのスペースにバルコニー用タイルを敷き詰めた。次にIDEEの籐の椅子2脚を含め、6人座れる椅子を用意した。トックリラン、棕櫚など大物3つ、、中物3つ、小物4つ、あわせて10もの観葉植物をそろえたここまでが初心者コースかな
 
次がライティング枯れてしまった棕櫚の木に、コンランショップで購入したオレンジ色のランタン4つをぶら下げ、ヨットの後輩の真似をしてろうそくの代わりに、東急ハンズで見つけた揺れる電球を装着したはやりのほうづきランプも3つ、これもオレンジ色だ一つの大物の観葉植物に、つる状の花を模した10ほどランプが連なるものをからみつけたそして、極め付けに、カンボジアのクメール風の仏頭が彫られたレリーフを照らし出す形式のランプ、インドの象の頭を持った神様ガネイシャのクラスター製のランプが、まるでジャングルのなかから突然現れたかのように、観葉植物の間から見え隠れする形にセットしたこれらのランプはリモコンで一発でオンオフできるここまでが中級者コース
 
テラスの4面のうち、2面は部屋へと続くガラスの扉、1面は埋め込み式のガラス窓、もう1面には窓がなかった。ここに特注で、カーテンのように開閉できるセルロイドの透明な窓をつけたおかげでテラスが温室のようになり、冬でもあまり寒くなく、観葉植物が余裕で冬越えできるようになったそして、原宿の龍の子のビルの5階にある環境音楽BAR誤解のいっちゃんに頼んで、池を作ったセメントをこねるための120x70CMぐらいの容器に家の天井の梁を組んだもので枠を作る。これにバリ風に紫の色を塗る。水を入れて、砂をいれ、ポンプを装着し、水草を植えて完成した何もいないと寂しいのでグッピーとコリドラスを10匹ぐらい放したが、環境がいいためか今では200匹(?)ぐらいに増えてしまった水槽の中にも水中ランプを4つセットした。これが上級者コースか知らないが、ここまでやっている人はいないだろう
 
はぽかぽかして気持ちよく、この空間での昼寝や読書は最高大好きなMPBやハワイアン、ラテン音楽を流すとさらによい。もう一つのバルコニーのドアを開けると風が流れ、冷房は不要だ
 
にはすべての灯りをともし、好きな香りのお香を焚く、バリやタヒチで録音されたCDからは現地のせせらぎの流れ、鳥や、虫の音が聞こえてくる。この中で、年代物のラムをロックでいただく。心地よい風が気持ちいい。この空間ですご晩春から夏の夜は、バケーションででかけるリゾート地の夜とほとんど遜色がない
 
問題は、そうしたゆったりした気分をすごすがほとんどないままに、いつの間にか秋の虫の音が聞こえてくることだろう今年こそは、この空間で至福のときを過ごそうみなさん、是非遊びにいらしてください

2005年06月27日

ファンホ・ドミンゲスーメセニー、アミーゴに匹敵?ー

ファンホ・ドミンゲス先日ファンホ・ドミンゲスのコンサートに行ったのは、本当に偶然。ラテン音楽雑誌の”ラテーナ”のサイトを見ていたら、彼のコンサートが宣伝されていた。大好きなピアソラを弾くというのと、そのただ者ではなさそうな風貌からチケットを衝動買いしたそういうわけでCDも聴いたことがなく、何の予備知識もなしに、草月ホールにでかけた。

聴衆はかなり普通じゃない。スーツを着ている人などほとんど皆無。草月流に関係がある人なのか、アーティスト風の方が多い。みんなどんな仕事してるんだろうっていう感じだった

最初の3曲はピアソラではなく、20世紀初頭の古いタンゴ作品だそうで、今いるのは日本ではなく、アルゼンチンかという錯覚に陥る。この時代のタンゴなんて日本で聞けるところなんてないだろうから、ちょっとした旅行気分だ。第一部の曲はすべて戦前のよき時代のアルゼンチンという雰囲気の曲で、ティーンズの頃によく連れて行かれた、全日本社交ダンス選手権のラテンの部でかかる曲のようで、懐かしかった

休憩をはさんだ第2部はいよいよピアソラあの暗い感じの不協和音が鳴り響く1本、または3本のギター(ベース)であのピアソラ5重奏団の厚い音を再現するなんて、なんという素晴らしいテクニックだろうテクニックも素晴らしいが、その感情表現も文句なし。かつてオーチャード・ホールで見たギドン・クレメールの”ビバルディとピアソラのエイト・シーズン”のリサイタルを上回る出来だ

ピアソラが父の死を悲しんで書いた”アディオス・ノニーノ”、”レヴィラード”などのピアソラ作品も素晴らしかったし、原曲が非常に軽い曲で聴く気にならないはずのショパンの小曲”英雄ポロネーズ”、”子犬のワルツ”、”華麗なワルツ”のメロディーは、ファンホの手にかかり、重みのある名曲として再現されていたパラグアイの名曲”カテドラル”にも感動させられた。

ホールはクールビズのためかかなり暑く、ジャケットを脱いで鑑賞していたが、ステージライトを浴びたファンホは紳士なのか、ジャケットを脱ごうとせず、かなり暑そうだった。それでも素晴らしいアンコールを2曲も聞かせてくれた。

ファンホのテクニック、表現力はパット・メセニー、ヴィセンテ・アミーゴに勝るとも劣らないと感じたサイン会は興味がないので並ばなかったが、CDは2枚買ってしまったお気に入りアーティストがまた増えた


2005年06月24日

ハンス・アルプ展ー心地よいバランスー

アルプ日本におけるドイツ2005/2006の一環として、川村記念美術館でハンス・アルプ展が開催されている(4月5日ー6月26日、この後岡崎、群馬に巡回予定)。ハンス・アルプは、常に独仏の争いの場となるアルザス地方でドイツ人、フランス人の混血として生まれたバイリンガリストである。活動の場はドイツ、フランス、スイスにまたがっている。パリでマティス、シニャックと展覧会を開いたり、ミュンヘンでカンディンスキー、クレー、マルクと共に”青騎士”に参加、その後ケルンでエルンストと知り合い、パリでモディリアーニ、ピカソと出会うなど、点描派、野獣派、キュービスト、ダダイストなどあらゆるタイプの画家と交流していたのが分かる。ダリ、タンギーなどシュルレアリストとも後年は活動を共にしている

こうした華麗な経歴を持つアルプが、一番情熱を注いでいたのがブロンズ彫刻である。今回展示されている1960年代の作品群はすべて、”腕のようなもの、胸のようなもの、頭のようなものなど”で構成され、人間の形をなしてはいないが、すべてが美しい。その曲線の単純化は究極となり、美を形成する

かつてアート・マネージメントを学ぶため、ロンドンに短期留学時代しが、その際、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート出身の画家から多くを学んだ。テート・ギャラリーにあるマティスの女性像は3体あるが、制作年代はそれぞれ20年ぐらい離れていたと思う。最初の作品ではきっちり構成されていた女性像が、最後の作品では、できるかぎり単純化された曲線による”ヘタウマ”作品になっていた。ぱっと見では一番素晴らしくみえる、きっちりつくりこまれた作品が、実は一番昔の稚拙な作品で、画家が行き着いたのが、究極に単純化された最後の作品だという説明を受け、衝撃を受けた。このアルプの60年代の作品も、同様である。添付の写真の作品”デメテルの人形”も非常に美しい。このカーブの始まる位置が、そしてカーブの大きさが少し違うだけで、作品は陳腐化するだろう。究極のバランス感覚である。

ブロンズ以外では木やジュラルミンも用いられている。ジュラルミン作品”対照をなす柱”は同じ柱をさかさまに立てたものを並べてあるのだが、そのバランス感覚の見事さは言葉では言い表せない。

展覧会の最後は30〜50年代の作品群で、テーマは”配置と構成”。無秩序に並べられたかのような造形には法則がある。偶然におかれた紙片を、もっとも心地よい位置に並べ替えている。この造形の形、大きさ、位置が少しでも狂えば、この心地よさは失われ、何故だか分からない不愉快感が生まれることだろう。

やはりロンドン時代に教えられたのだが、何も考えずに線を引き、赤、青、黄色のブロックをおいたような絵を描くピエ・モンドリアンは、やはり究極のバランス感覚の持ち主だったそうだ。モンドリアンの絵なら真似できるなど大間違いだそうだ。このアルプのオブジェの心地よさも、モンドリアンの絵画同様、究極のバランス感覚があって初めて可能となる。

アルプの作品は欧米の美術館ではよく見かけるが、久しぶりに彼の作品を堪能でき、大満足だった。川村美術館の常設展も素晴らしく、特にジョゼフ・コーネルの作品群、マーク・ロスコーの部屋はわざわざ訪れる価値がある。そして、シャガールの”ダビデ王の夢”とかいう名前だったと思うが、文句なしの傑作だ。

美術館のまわりには池があり、白鳥も見られるし、遊歩道では森林浴もできる。東京から僅か1時間のドライブで着いてしまう。出かけたのが遅く、あやめ鑑賞は残念ながらできなかったが、また是非とも訪れてみたい。


2005年06月23日

昨日は誕生日ーワイン・グッズは気に入ったー

hana昨日は誕生日社員の皆さんからお花とプレゼントをいただいた。みんな、どうもありがとう

写真がそのお花。ちなみに花言葉を調べたら(本当に検索は便利だ!)、黄色いバラが嫉妬で、オレンジのガーベラは我慢、オレンジのカーネーションは分かりませんでした

プレゼントはワイン・グッズワインをあける前にシールを切るシール・カッターと、ワインを空気に触れさせながら、その眠りをさまさせながら注ぐデキャンティング・ポアラーの2種類両方ともデザインがよく、インテリアグッズとしても置いておけるので、気に入ったかもでも僕に何か選ぶのは気を使って大変なんだろうな〜

ワイン好きのイメージが強いらしく、ワイン・グッズは今迄にもいろいろもらった。その中で一番面白いのは、ヨットの後輩がくれた、ワイン・テイスティング用のテイスティング・グラスグラスの足がなくて、丸いところをもってグラスを揺らしながらテイスティングするらしい”藤野さんならできる”って言われたけど、その気になってきざっぽくやってたら”おー”とか言って、手をたたかれて、酒の肴にされるだけだその手にはのりたくないので、まだ一度も使っていない。パーティとかではいやだけど、少人数のときに今度使ってみようかな

去年は渋谷の独立したオフィスだったので、皆がハッピー・バースデーを歌ってくれたのが印象的だった今年はオープン・スペースの大部屋なので、もちろん歌はなし。ちょっと残念だったかも

新しい1年、今まで以上に充実した1年にしていきたい


2005年06月22日

グーグルがサイトターゲット広告を開始ー長期的には脅威?ー

グーグルが日本でもサイトターゲット広告を開始するそうだ。このサービスは、広告主が、グーグルの数多くのパートナーサイトから、自分の広告を出したいサイトを選べるというもの。例えば老人ホームの広告なら中高年ユーザーが多いISP系のポータルのみを選ぶとか、ビデオゲームの広告ならエンタメ系の専門サイトを選ぶとかいう使い方ができるのだろう。名前のとおり、ユーザーのさらなる絞込み、ターゲット・マーケティングが可能になる。
 
日本ではすぐに普及するかといえば、いくつか障害がある。1.課金方式がCPMのため割安か疑問、2.米国と異なり、ヴァーティカル・サーチが発達しておらず、消化の悪い小規模サイトを広告主が選ぶか疑問、3.レベニュー・ジェネレーションよりもブランド効果を狙っているようだが、日本では検索連動型広告にブランディング効果があるとはまだ思われていない、などがあげられる。米国ではアニメーション、バナーなどの広告も出すことがクローズアップされているが、これは、バナーなどが主力のダブルクリックなどの旧勢力が、再びバナーなどが脚光を浴びるという”宣伝”をしているため。日本ではこのニュースはあまり注目されていないようだ。
 
オーバーチュアが固定料金の検索連動型広告を検討しているなど、米国では大手2社が小規模広告主向けの新商品を発表してきている。大手2社との規模の大きさでの棲み分けを狙っている弊社にとっては、長期的には脅威となりうるかもしれない。

2005年06月21日

ゴルフに行くには80キロ以下ー正しいかも?−

80先日久しぶりに出張に行った。行き先は松本。新宿から特急あずさで3時間弱の行程だった。1時間の打ち合わせをすませてとんぼ返りすると、新宿には6時に着く。当然帰社して仕事するつもりだったのだが、何か無茶苦茶疲れた仕事する気になれず、かわりに美容院に行ってしまった

美容師の宮島さんと”なんでこんなに疲れたんだろう〜”って話しながら思い出してきた。ルックスマート、ジェイ・リスティングとほとんど出張がなく忘れていたが、新幹線や、飛行機に乗ると非常に疲れる本で読んだことがあるが、人間の移動距離は馬などに乗って1日数十キロぐらいがせいぜいと決まっているから、数百キロも移動すると体に大きな負担がかかり、疲れるらしい。移動速度も鈍行の列車や山手線のように数十キロの時速なら大丈夫だが、時速百キロを超えるのはまずいそうだ。

それなら、新幹線で日帰り大阪出張すると、へとへとになるのも納得できる。また、旅のエキスパートが鈍行列車でゆっくり旅をしたがるのも、景色をのんびり眺められるだけではなく、体が自然と鈍行を求めているからでは、という結論になった

美容師の宮島さんの実家は佐賀だそうだが、佐賀からお母様が東京に来られる時も、行きは飛行機でいらっしゃるが、帰りは鈍行の寝台列車でお帰りになるそうだ。”20時間もかかるのに、なんで飛行機や新幹線で帰らないの、疲れるでしょ”と言うと”いや、ゆっくり夜行で帰ったほうが楽だ”と答えられるそうだ。恐らく、そのほうが体に優しくて疲れないと、長年の経験で悟られたのだろう

そういえば、先日ヤフーの検索室長の井上さんとゴルフに行ったときに、井上さんが、”ゴルフのプレーに影響するから時速80キロ以下でゆっくり来た。余り速い速度で運転すると、体に影響があると本に書いてあった”とおしゃった。自分は朝が遅くてできるだけ寝ていたいので、いつも120〜140キロぐらいでぶっ飛ばして行くその時は正直言って”ふ〜ん”という感じだった(井上さん、ごめんなさい)今なら井上さんのおっしゃった意味が分かる、井上さん、流石だ

というわけで、僕もこれからは早めに起きて、時速80キロ以下でゆっくりとコースに向かうつもりだこれでいつも散々な午前中のスコアが改善されるか


2005年06月20日

「Yahoo! SEARCH」ベータ版が公開ー複合語検索拡大に期待ー

ヤフーが「Yahoo! SEARCH」ベータ版を6月20日に公開した。 この中で私が期待しているのが、複合語検索へのガイド機能だ。1つのキーワードを入力すると、その単語を組み合わせて入力される頻度の高いキーワードが表示されるそうだ。例えば「自動車保険」と検索した場合、「自動車保険 見積もり」「自動車保険 比較」「自動車保険 資料請求」といったキーワードが併せて表示されることになるだろう(試したわけではないが、試してみてください、恐らく似たような複合語が表示されるはずgooも既に同様の発表をしている。 
 
過去のブログで既述したように、欧米と比べて低い日本のユーザーの検索レベルが上がり、複合語検索をいろいろと使いこなすようになれば、検索の楽しみは飛躍的に向上するいろいろなことが検索できることが分かれば、検索の魅力にはまる人が増えるだろうそうなると米国人のように、検索なしでは生きられなくなるgooだけではなく、検索市場で50%以上のシェアーを誇るヤフーがこうしたユーザー教化策をしけば、ユーザーの検索レベル向上に大いに役立つだろう
 
検索はインターネットが起こした革命の一つだもう分厚い百科事典はいらないどんなことでもすぐに調べられるしかし、現在の日本で検索を自由自在に使いこなしている人は、まだ数少ないだろう検索業界に携わる1人として、日本中の人が検索の素晴らしさに目覚め、生活が便利になることに少しでも貢献できれば幸いである検索業界の発展のため、今後も業界の友人と共に、頑張っていきたいものだ
 

2005年06月19日

グーグルが携帯向け検索開始ー携帯向けアドワーズ開始か?−

グーグルが遂に携帯電話向け検索サービスを開始した3キャリアに対応しているがインデックス数は明らかにしていない。ページランクなどPCと同じ手法を採用しているとのことだ。
 
携帯向け検索をグーグルがこんなに早く開始したのは意外だった。グーグル本社はデスクトップ検索、書籍検索、ローカル検索など様々な商品を発表、ライバルであるヤフー、MSNとの開発競争はますます激しくなっている。まだ米国本国でも始まっていない携帯検索を日本で始めることは、外資系としては異例のことであるそれだけ携帯の将来性を重視していることの現われだろうかあるいはオーバーチュアへの対抗か来年のナンバーポータビリティへの布石か
 
もちろんベータ版でのスタートである。しかし、うちの西窪によると、さすがグーグルで、検索の品質もなかなかとのことだった。そうはいってもPCと異なり、携帯はサイトの品質がまだまだ低く、慎重に収集しないとグーグルの名前に瑕がつきかねないだろう。試行錯誤しながらの正式版への移行となろう
 
携帯での検索ではディレクトリーがロボットよりも優位に立っているというのが弊社の認識である。1.携帯ユーザーが、目標のサイトに到達するのに、検索窓を使って検索するのではなく、iモード、ezwebのメニューで、カテゴリーツリーを降りてくるのになれている、2.パケット代固定化でディレクトリーを行き来することにユーザーが抵抗感がなくなった、3.検索窓が小さいので、複合検索などはしにくい、4.携帯ユーザーはPCを持っていない若年層が多く、PCと使い方が異なる、5.上記のように、サイトをクロールしすぎると、品質が低いサイトが増えすぎるため、6.また、膨大な数のサイトを並べても小さい画面では見ずらいため、ロボット検索のメリットの一つであるインデックス数の多さがいかせない、などの様々な理由があるからだ。
 
しかもロボットとディレクトリーは共存できる、そしてグーグルが携帯検索を開始することは、お客様の携帯検索、ひいては携帯向け検索連動型広告への注目度を一気に高めよう弊社にとってはデメリットよりもメリットが遥かに大きい
 
PCと同様、グーグルと弊社を併用するポータルも現れよう。しかし、携帯では弊社がメインという可能性も十分あるだろう。携帯向けアドワーズ開始は正式版移行以後となろうが、携帯における検索連動型広告から、いよいよ目が離せなくなってきた。

2005年06月17日

少年サンデーー社会人教育に最適?−

sunday少年サンデーを未だに愛読している。ジャンプ、スピリッツも5年ぐらい前にやめたので、現在定期購読しているのはサンデーだけだサンデーを読んでいるのはもちろん面白いからだが、なぜ面白いかというと、未だに中身がガキなので、感情移入ができるからだ”金色のガッシュ”で、いい魔物が仲間のために消えていくのを読むと、簡単に泣けてくる

少年マンガなので、テーマが分かりやすい。勝利の三原則である”正義は必ず勝つ!”、”1人では駄目だが、仲間(チームワーク)と一緒なら勝てる””諦めなければ、勝てる”というものだ。この三原則を思い起こしながら仕事をすると、案外いいかもしれないこの正義、チームワーク、根性が身につくだけでも素晴らしいほかにも、現在忘れられつつある美徳である”忠誠心”、”孝心”なども学べるのだ

例えば、”ガッシュ”や”犬夜叉””からくりサーカス””結界師”に毎週感情移入していると、自然にチームワークの大切さ、ネバー・ギブアップの精神、そして正義の尊さが身につくだろう少年サンデーを読んでいれば、隠蔽などの不祥事を防げるかもしれない”MAJOR”は、いくら才能があっても傲慢では身を滅ぼすことを教えてくれる。また、天才の影には努力があるということも学ぶことができる”道士郎でござる”からは忠誠心の尊さが身につく。”史上最強の弟子ケンイチ”からは、目上の人を敬う心を教えられる

これに対して青年マンガは社会人教育にはいただけない例えば好きなマンガの一つである”NO.吾”は、主人公NO.吾が主人であるマトリューシカの命令の元、かつての仲間を次々にてにかけていく。もちろんそこには理由があるのだが、大人にしか理解できない複雑な理由だ一匹狼がチームを皆殺しにするなどとても新人教育の教科書としてはいただけないそこにあるのは暴力、SEX,裏切りなどで、マンガの悪いイメージはこの青年マンガから来ているのかもしれない

学校の道徳教育や、会社の新人教育に少年サンデーを使ってはどうだろう?楽しみながら、社会人として必要な”チームワーク”、”諦めない根性、粘り強さ”、”コンプライアンス”、”忠誠心”などが身につくと思うのだが弊社も新人を採用するようになったら試してみよう