2005年04月12日

映画”サイドウェイ”−ピノ・ノアールのような味わいー

sidewey”サイドウェイ”は予想通り素晴らしい作品だった低予算の作品であるのに、ゴールデングローブ賞、ニューヨーク、ロサンゼルス、ボストン、シカゴなど多くの都市の映画批評家協会賞の作品賞をそうなめにした鑑賞後になぜか納得できたこの作品はアメリカ人に愛されるすべてを備えた映画といえるだろうアメリカ人に愛されるべき映画の特徴を洗い出し、それをすべて計算ずくで実現させたと考えさせられるほどに、すべての成功要素が詰まっている”アバウト・シュミット”の監督アレクサンダー・ペインは現代アメリカ映画界で最高の監督の一人だろう

1.スーパーマンのようなヒーローでなく、多くの人が感情移入できる、さえない、人生の落伍者が主人公である点、2.いい奴だけど駄目な主人公と、悪い奴だけどもてる親友との誰もがうらやむ固い友情、3.ネガティブ思考の、頼りない主人公が、ポジティブ思考、力強い人物へと変わっていく点、4.美しく、知的なヒロインの存在と、5.そのヒロインとわれらのさえないヒーローとのハッピーエンド、6.アメリカ人にとって最も欠かせない笑いはたっぷり、7.3人の主要な登場人物が、その性格設定も、役者の演技も、すべて素晴らしいこれ以上に何が必要だろう

まず主人公のマイルスだが、スーパーマンどころか、これほど情けない主人公も珍しい2年前に分かれた妻への未練が捨てがたく、彼女の再婚話を旅の伴侶の親友ジャックに告げられると、ショックで錯乱し、ワインをラッパ飲みしながら坂を駆け下りるシーンは、本当におかしくて、いつまでも、いつまでも笑える名シーンその夜の、ジャックがアレンジしてくれた、ずっと以前から気に入っている、ワインに造詣の深い、美しい、マヤとの4人での飲み会しかも彼女はマイルスに気があり、離婚したことまで分かっている離婚後初めての、素晴らしい出会いのチャンスだ(持つべきものは友だ)この最中にも目の前の美しいマヤのことよりも別れた妻のことが気にかかり、食事中席を立つと妻に電話をかけ、おめでとうというどころか、どんどん絡んでいき、墓穴を掘っていく!!その後席に戻るとワインをがぶ飲みし、むせ返る酔っ払いのマイルス本当に情けなくて、目をおおいたくなるシーンだその後のマヤの友人ステファニー家での2次会で、バルコニーでワイン論を語り合う二人”ピノ・ノワールは扱いが難しい、しかしうまく扱えば最高なものが生まれる、だからピノが好きだ”と語るマイルス。”ワインは生きていて、日ごとに熟成してピークを迎えるが、その後は徐々に下り坂になる、その味わいが人生と同じで、ワインに惹かれた”と、マイルスの腕に手をかけながら語るマヤ私のようなワイン好きにとっては、キスをして、その後プロポーズしたくなるような最高のラブシーンだこんな相手にめぐり合い、こんな雰囲気になったならところがマイルスは、キスどころか、”どの品種か忘れたが、その品種も捨てがたい”とか語りだす完全なトホホ状態で、アメリカの映画館ならみんながオーと叫んで頭を抱えているのは間違いないそのほかにも自分の小説の出版が駄目になったことを知り、ワイナリーでワインをがぶ飲みし、大暴れをして、追い出されるシーンなど、情けないシーンには事欠かない

親友のジャックはかつては人気のTVシリーズにも出演していた、典型的な軟派男、というか獣に近い。アメリカ人にはいつも”ホーニー”と叫んでいるこうした男がたまにいる。頭の中はSEXしかない。だけど憎めないキャラというところか?この超ポジティブ、マイペースの軟派男と、超ネガティブ、駄目男がなぜ親友なのかは最後のほうで分かる。間男をしたところを夫に見つかり、裸で逃げ帰ってきたジャックの、間男をした家に忘れた身分証明書入りの財布をとってきてくれという無謀な要求に、見事に応えるマイルス二人のかけがえのない友情が、笑いと共に読み取れる感動的なシーンだ

ヒロインのマヤの美しさ、聡明さ、強さはアメリカ人の理想だろう大学教授夫人という地位を捨て、しがない英語教師のマイルスを好きになるマヤ。夫と別れた理由が、大きいワインセラーを持ち、うんちくを語る夫が偽者だと気づいたからだという。金にあかせて高いワインを買い求め、高い頭脳でウンチクを語る偽者のワイン好きは日本にも多いだろう。ブランドにこだわらず、本当に味を分かっているワイン好きは少ない。マヤのその言葉に、私は一瞬で恋をした、彼女は本物だマイルスはお金はないが、ワインにかけては本物だ。ワインに奥深さを見出し、ワインに人生を委ねようというマヤがマイルスを好きになるのは、理論的にはおかしくはない。

しかし、残念ながら、現実にはこうしたことはまずありえないだろうワインを趣味にとどめず、ワインに人生をかける人は少ないだろう。また、情けないマイルスを選び、ワインに関しては偽者でも、成功者である、きれものであろう大学教授を捨てるような人物もなかなかいないだろう。アレクサンダー・ペイン監督も大のワイン好きだということだから、非常によく理解できるが、マヤがマイルスを愛するのは、ワインラヴァーにとっての、そうなってほしいというフェアリー・テールに他ならない

マヤのような女性と出会えていたら、私も独身生活に別れを告げていただろうに


cornell5553 at 23:23│Comments(2)TrackBack(2)映画評論 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「サイドウェイ」 男の方が尾を引くんですよね  [ 映画の話をしませんか? ]   2005年04月12日 23:51
離婚して2年。 いまだショックから立ち直れない小説家志望の英語教師マイルス。
2. 「サイドウェイ」は懐かしの風景  [ 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記 ]   2005年09月30日 16:06
 先日「シンデレラマン」を観た時、トレーナー役のポール・ジアマッティがいい味を出していた。それで思い出したのが彼が主演している「サイドウェイ」。初春に公開された時、観ようとして、チャンスを逃していた。興行成績が不振だったのだろう、アッという間に上映が終わ....

この記事へのコメント

1. Posted by 神主(森)   2005年04月13日 13:56
藤野真哉さん。
トラックバックありがとうございました。
藤野さんの「サイドウェイ」の批評、圧巻です!
マヤという女性の神聖
2. Posted by 神主(森)   2005年04月13日 14:00
藤野真哉さん。
トラックバックありがとうございました。
藤野さんの「サイドウェイ」の批評、圧巻です!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔