2005年04月11日

食後のカプチーノーイギリス、アメリカのリストランテではOK−

カプチーノイタリアンは大好きだ先週もカノ・ビアーノ、レスタジ、リヴァ・デリ・エトゥルスキで食事をしたどのレストランも素敵で、旬の素材を使い、食材、調理法など多少の日本風な味付けをして(店によって異なるが)個性を出しているアメリカ、イギリスのイタリアン・レストランと比べても遜色がないむしろそれ以上かもしれないアメリカ、イギリスと比べた時の日本のイタリアンレストランの問題は、食後のエスプレッソにあると思う
 
カプチーノを飲むのは朝で(同じ意味では、フランスのカフェ・オレ、イギリスのミルク・ティーも同様だ)、それ以降はエスプレッソというのがイタリアの文化だ。BARで一日中、レストランでの食後には口直しに、エスプレッソに砂糖を入れ、かき混ぜて、一気に飲むこの風習に慣れているイタリア人が、イタリアで食後にカプチーノを頼む日本人を怪訝に思うのは至極当然だろう。
 
しかし、日本ではどうだろう?スターバックスでも皆が頼むのはカフェ・ラテ、カフェ・マキアート、カフェ・モカなどのロング・ドリンクで、エスプレッソを頼んでいる人はほとんど見かけないつまり日本人は濃いエスプレッソを飲みなれておらず、ミルクを混ぜて飲むのを好むということだろう。その日本人がなぜある程度高級なイタリアン・レストランでエスプレッソを飲むのか?それは1.ウンチク好きな日本人はイタリア人に習い、飲みたくなくてもエスプレッソを飲む2.気取り屋の日本人はウェイターの、彼女の視線が気になり、馬鹿にされたくないと、エスプレッソを飲むの2点に尽きるのではないか?普段からエスプレッソを飲みなれているならともかく、たまにリストランテに言ったときだけ”エスプレッソ、ドッピオ!!とかダブルで!!とか言ってるのってかなり格好悪いと思う
 
この点、イギリス人や、アメリカ人は立派である。もともと食への関心が低いということもあるのだろうが、そこには他人の目を気にせず、飲みたいものを飲むというポリシーが見受けられる私もロンドンやN.Y.Cではその時飲みたいものを堂々と飲める
 
しかし、日本では残念ながら、他人の目が気になる小人物の私は、”食後にはエスプレッソ、普通のコーヒー、ハーブティーがあります”と言われると、その時カプチーノが飲みたくても、”コーヒーお願いします”と言ってしまうことが多いトラットリアクラスではカプチーノを頼めても、リストランテクラスではいいずらいのだ。ただし”ドッピオー”と言ったりはしないが
 
ここは日本だ!!普段からエスプレッソを飲んでいる人を除いて、アメリカ人を見習って、みんなでリストランテでもカプチーノを頼もうリストランテのオーナーさん、カプチーノも選べるようにしてください
 
 

cornell5553 at 22:06│Comments(2)TrackBack(2)社会評論 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 食後のカプチーノをめぐる考察  [ レシピ・ノート ]   2005年05月01日 12:41
私は濃いもの、臭いもの、辛いものが好きです。スターバックスに行けば必ずエスプレッソを注文します。コーヒーもたいていミルクを入れないで飲みます。「そんなキツいもの胃に悪いじゃない」と言われますが、「体に悪くても私は好きなの・・・」と押し切ります。エスプレ...
2. サドレル  [ 今宵の勝負レストラン ]   2005年05月24日 04:20
サドレル ジャンル:イタリアン 予算@¥25,000〜¥35,000 勝負レストランということで、六本木ヒルズにあるレストランに触れない訳にはいかない。数ある名店が出店している中で、海外レストランの一番話題になったお店がサドレルである。ミラノにあるミ

この記事へのコメント

1. Posted by Moebon   2005年04月12日 03:24
私もカプチーノズキです。(笑)
だからどんなところでもたのんじゃいます。

でも、エスプレッソも好きです。
フランスでも、cafeというとエスプレッソが運ばれてきますしね。BAR
私もcafeにはこだわりがあります。
自宅のエスプレッソマシンは、放浪してようやくこれ!というものにたどり着けました。(結構しつこい性格かしら?)
2. Posted by fiji   2005年04月12日 14:59
Moebonさんはさすがですね、どんなところでもカプチーノ頼んじゃうし、エスプレッソも好きだし。僕のほうがまだ日本人ぽいかも。僕もエスプレッソマシーンも3台持ってます。でも最近は全然使わないかも。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔